ツールをワンクリックで設置できるレンタルサーバー

main-img

昔のレンタルサーバーの使い方としては、HTMLファイルや画像ファイルを一つずつアップロードして、ウェブサイトを公開するというものでしたが、最近はPHPファイルをアップロードしてブログをインストールし、ブラウザから記事を書いてネットに公開するというものが多いです。

ホスティングのことならこちらのサイトをご覧ください。

ただ、ブログをインストールするにあたり、アップロードが必要なファイルが数千ファイルにも及ぶことがあるので準備は大変になります。

しかし、レンタルサーバーによってはよく利用されるブログやCMSをボタン一つでインストールできるようなシステムを運用しており、それを使うと非常に便利です。

なぜこういったことができるのかというと、多くのブログ、CMSはフリーウェアだからです。
ライセンスの条件を満たせば再配布可能になっているものが多いため、レンタルサーバー会社は自社のサーバーにあらかじめインストールプログラムを組み込んでおくことが可能なわけです。



では、こういったシステムを利用する場合、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。まず、インストールできる場所が限られている可能性が挙げられます。

満足度の高いAllAboutの情報探しをお手伝いします。

その場合、運用の自由度が若干下がることがあります。

また、バージョンが古いこともよくあります。
この場合は、サーバーにインストールしたあと、直ちに自力でアップデートを行うことになります。
上記のように、自分で一から設置するよりは面倒な部分があるものの、ワンクリックでインストールできる利便性とスピード感は初心者には魅力的といえるでしょう。

いまどきの科学技術

subpage1

ウェブサーバーとドメインは密接な関係があります。しかし、契約はそれぞれ別なので、契約の更新には注意しなければなりません。...

more

テクノロジーの事柄

subpage2

レンタルサーバーと契約すると、すべての機能を自由に使えるというわけではなく、機能によっては制限を設けられることもあります。たとえば、メール送信数は一時間あたりの上限を設定しているサーバーがほとんどです。...

more

テクノロジーの実態

subpage3

レンタルサーバーは一般的に最短一ヶ月単位で契約することができますが、契約し続けていると、当初の動作速度よりも少しずつ落ちていくという現象が見られることがあります。なぜ使い続けると動作速度が落ちるのかというと、契約当初よりもサーバーに利用者が詰め込まれるからです。...

more

最新情報

subpage4

昨今の日本の自然災害の影響は多大なものがあります。首都圏近くでも地震が発生したり、また将来的にも首都圏でも発生することが予想されたりしています。...

more